セゴリータ三世&ナースmarinaの留学と一人旅 | セゴリータ三世のおもしろかったりつまらない動画の紹介。marinaの留学と一人旅中のお話を書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by marina on  | 

フィリピン留学までの経緯*学校の選び方*

こんばんわ。
marina です。

私がやりたかったことの一つ、語学留学についてお話します。



なぜ留学したかったのか?
英語を勉強したかったのは、仕事に生かしたいのではなく、このコミュニケーションツールがあればより多くの人と話せることができると思ったからです。

特に旅行中!!

逆に日本を旅行中の外国人が困っていたら助けることができるかも、とも思ってました。



フィリピン留学にしたのは。。。
安さです!!
もちろん欧米への留学に憧れてましたが、留学の後に旅行もしたかったので、お金をセーブしておきたかったんです。


それに、
南国だからいつでも泳げる
マンゴーが安い
この2つも私にとっては嬉しいポイントでした。


あとは
マンツーマンで授業を受けられる。
3食付いている。
・学校とドミトリーが1つの敷地内にある。
物価が安い。

これらもフィリピン留学ならでは!!



ただフィリピン留学で不安なこともありました。
治安
先生の発音

(フィリピン人は英語を話せますが、英語のネイティブではありません)



学校選びのポイント
①オーナー
②ロケーション
③生徒数・国籍比
④講師の質

の4つからお話します。



①オーナー
フィリピンには多くの語学学校があります。その多くが韓国人経営です。
最近では日本人経営もあります。

両者の明らかな違いは、日本人、韓国人スタッフの人数の差、それにより学生へどれだけ手厚いケアができるかだと思います。それと、食事ですかね。

ここにそこまでこだわる必要はないと思いますが、全く英語を理解できない状態で日本人スタッフのいない学校に行くのはかなり苦労をすると思います。。。


②ロケーション
有名なのはセブ、マニラ、バギオ辺りですね。
それぞれ地域の特徴があるので、色々調べてみてください。

また、勉強だけが留学の目的ではないと思います。
その合間にフィリピン国内の旅行をしたいと考えている人は、空港が近い、バスターミナルが近いなどのエリアがいいですね。

都会の学校はもちろん物価が高くなります。
治安や気候も変わってきます。


③生徒数・国籍比
学校によっては時期によって大きく変わるところです。

私は日本人があまり多くないところがいいと思いました。でも、日本人が少なく、韓国人があまりに多いと、それはそれでちょっと大変だと感じました。EOP(English Only Policy)でなければ、韓国語の方がよく聞こえてきたり・・・笑

フィリピンには台湾人や中国人もくるので、私的には3国籍以上の生徒のいる学校が理想的です。

ちなみに、ドイツを旅行していたときに泊まったホステルのスタッフさんが、フィリピンの語学学校で英語を勉強したスペイン人の女性だったなんてこともありました!!


④講師の質
3タイプの学校があります。
フィリピン人講師だけの学校
フィリピン人と欧米人講師がいる学校
欧米人講師だけの学校

多くの学校で、大勢のフィリピン人講師と少数の欧米人講師というタイプです。
欧米人講師だけはほとんどないと思います。

ここで注意しなければいけないのが、欧米人講師から学びたいと思って選んだら、欧米人講師はグループクラスのみの担当ということです。

しかし、中には欧米人講師とのマンツーマンを受けられる学校もあります。

ここで気になるのが、
欧米人講師との授業がフィリピン人講師より価値があるかないか・・・それこそ講師の質です。

これによって授業料も大きく変わります!!!!!!!!!

私は、欧米人講師にこだわる必要はなかったかも、と考えることもありましたが、リスニングが伸びたのは欧米人講師のおかげですね。




次回は、私が選んだ学校についてお話しますねー


Category : 留学
Posted by marina on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://sgrt3rd.blog.fc2.com/tb.php/20-d1526daa
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。